天気予報は微妙だったが、夜降り出す前に帰れればいいだろうという希望的観測のもとに洗濯物を干して外出。

ドトールで朝刊を開いたら先日急逝した笑福亭鶴志さんの追悼文が出ていた。寄稿者は笑福亭仁智さん。仁智さんの師匠は仁鶴さん、亡くなった鶴志さんは仁鶴さんの弟弟子になるから、二人はいとこの関係ということになるのか。しかし、入門は仁智さんのほうが先である。

この訃報には本当に驚いた。というのも、亡くなる何日か前に、YouTubeの繁昌亭チャンネルの配信に鶴志さんがコメントで茶々を入れているのを見ていたから。まさに口は悪いが兄貴肌という感じだった。とはいえ私は鶴志さんの生の高座姿は拝めずじまい。ただただ、六代目松鶴一門については、昔読んだ笑福亭松枝さんの『ためいき坂くちぶえ坂』などからドガチャガぶりを想像するばかり。

昼は鯖塩焼き。一日でちゃんとした食事は昼ご飯だけなので、なるべく昼はしっかり食べたいのです。

駅前の昔ながらの喫茶店を覗いたら営業は19時までだって。前は20時まで開いていたと思ったのに。朝に寄ったドトールも夜は20時まで。夜ゆっくりできる喫茶店が少ないなあ。酔客が口角泡を飛ばす居酒屋よりは、黙ってコーヒーを飲んでいる喫茶店のほうが余程安全だと思うのだが。

いや、ここは単純に業態で切ってはいけないのだろう。居酒屋でもバーでも、カウンター席でひとり静かに、ツィー、とか言って飲んでいる分には何の問題があろうか(いやない)。

帰りは近所の猫をいじって遊ぶ。コロナ以降の濃厚接触者は今のところこの猫くらいである。

結局帰宅するまで雨は降らずじまい。洗濯物を取り込んでしばらくしたら雨音が聞こえてきた。7,953歩。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。