あ、猫。

目が合ったらダッシュで逃げられた。

いい天気。芙蓉の花がきれい。

昼はさんま開き。思うところあって定番の鯖塩焼きは回避。

この前鈴本で志ん輔さんが演ってた、缶詰の鯖水煮に醤油を垂らして旨そうに食べる様が目の奥にずっと残って、家で時々鯖缶食べちゃうんですよ。ま、実際の鯖缶は志ん輔さんが演ってた程旨くはないけど(近所のスーパーで特売してた安物だからかな)。

この白い花はムクゲで合ってる?ムクゲと芙蓉の違いが分かったようで分かっていない。

今日は特に書くこともないので、コロナ以後の私のマイブーム(頭痛が痛い)でも披露しましょうか。

黒ごませんべいです。

写真は近所のスーパーに置いてあるもの。埼玉県川越市の丸福米菓製。最近はこれをご飯代わりに食べているといっても過言ではない。

こちらはセブンイレブンで扱っているもの。私の黒ごませんべいブームは、ここから始まりました。

もともと、誰かが買ってきてくれたのがずっと家に残っていたんですよね。それをなんとなく食べてみたら、なかなかいけるではないですかと。同じ商品をセブンで見つけて買うようになって、その後、近所のスーパーでも黒ごませんべいを置いているのを知ってからは、そちらのほうを常用するようになっています。

ありふれたお菓子のようで、セブンと近所のスーパー以外で見かけなかったんだけど、先日、出先で入ったファミリーマートでみつけたのがこちらです。

実はセブンに置いてあるのと同じ、埼玉県比企郡川島町のカネフク製菓製。しかし、せんべいの大きさも一袋あたりの容量も微妙に異なる。売り先毎に作り分けているものなんですね。

三点を並べてみましょうか。丸福米菓製のせんべいが明らかに大きいですね。味は違うといえば違うけど、取り立てて言う程ではないです。

というわけで、他に黒ごませんべいを見かけたとか、旨い黒ごませんべいを知っているとかいう方がいらっしゃいましたら、ご一報いただけると幸いです。

あ、7,330歩。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。