尾っぽの長い鳥が電柱と植木の間を行ったり来たりしている。こんな時、さっと名前が出るといいんだけど。おそらく鳥の名前を言葉としては知っているのだろうが、実際の鳥と結び付かない。それは知っているということなのだろうか。

朝は駅そば。旨い不味いもない、ということはまずまず旨い。昔は明らかに不味い駅そばも少なくなかった。

昼はパスタ。二食続けて麺類になってしまったがやむを得ない。アラビアータの具は里芋の茎、いもがらというやつ。山形産らしい。勧められて最初は気乗りしなかったが、食べてみると、鄙びた味わいでなかなかいい。里芋の茎は私の田舎では、ずいきの酢の物として食べることが多かった。アラビアータのトマトの赤が、酢の物の色の赤と結び付かないこともない。

メニューには山形としか書いてなかったけど、こんなパネルが店内に置いてあるということは、山形でも真室川の産なのかも知れない。今度厨房の手が空いている時に聞いてみよう。

真室川には特に縁はないけれど、真室川と聞くと、上方の桂吉弥さんが、民謡の真室川音頭を出囃子にしているのを思い出す。吉弥さん自身も真室川とは縁はなかったのが、この民謡を気に入って、出囃子に使っているうちに、ご当地とのご縁ができたというから、面白いものだと思う。

確か吉弥さんは「まむろがわ大使」に任命されていたと思って検索してみると、へえ、柳家小袁治さんも大使なんだ。こちらはおかみさんのご実家が真室川らしいが、町関係者に余程落語好きがいたのだろうか。

山形といえば今年は山形ビエンナーレの年で、前回、前々回と訪れる機会があったのだが、今年はオンライン開催になって、気軽に山形に行ける状況でもなくなってしまった。

夜は錦糸町で所用の後、オリナスのスタバで休憩。二杯目が割引になるクーポンを使ったのは初めて、いや二回目かな。

1時間だけ楽天地スパに。サウナ室のテレビで駅のホームでいか飯を食べるドラマをやっていた。清算時にポイントの使用を勧められたけど、特に期限があるようでもないし、何だったんだろう。10周年のクイズに応募して退館。 6,488歩。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。