横浜へ。京成曳舟から乗り換えなしで行ける電車に乗った。東京と神奈川の県境を越えるのも半年ぶり。

縮こまった身体を徐々に伸ばしていくように、コロナ禍で一気に狭くなった行動範囲を、自分の家の周りから始まって、一歩一歩確めるように、時間をかけて、慎重に拡げている。ある意味では、今ほど交通機関のなかった頃の人の視点を追体験しているようでもある。その過程で、今まで見落としていた風景がずいぶん目に入るようになった。

とはいえ、電車に乗ってしまえば程なく横浜である。この時間感覚は、おそらく戦前あたりに電車が走るようになってから、そう変わらないのだろうと思う。

能書きはさて措き、まずは腹ごしらえ。せっかくなので横浜らしいものということで、サンマーメン。地下街の小さな中華料理屋で。

そごうとスカイビルの間を抜けて、みなとみらい地区に至る人道橋(はまみらいウォークというらしい)を渡った。橋の上からスカイビルを見上げて、あのあたりがスカイスパかなと思う。

橋を渡ると日産グローバル本社ビル。ギャラリーを見下ろしながらビルの中を通り抜ける格好になる。

ギャラリーと言っても日産車のギャラリーだが、美術作品もある。日産アートアワードの過去の受賞作が展示されている。

毛利悠子さんはこんなデュシャンピアンだったのかと思う。レディメイドの車輪が組み込まれた作品は、大ガラスのようであり、モレモレの落ちる水は「遺作」を思わせるようでもある。

田村友一郎さんという人の作品は、この場所に置かれると自動車のエンジンがむき出しになっているようである。

さらにグローバル本社から少し歩いで、NISSAN PAVILIONに向かう。

フェアレディZプロトタイプは今日までの展示。

ちなみにこのエントリーのトップの写真は、リツイートして貰ったオリジナルマシュマロ。

ホールで映像を見たりしているうちに、結構時間を過ごしてしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。