昭一ジジイ

相変わらず小沢昭一のことばかり考えている。
てゆうか、こんな書き出しはマズイだろ、いくらなんでも。
そう思いつつも、実際、それに近い状態なので、どうしようもない。
新宿駅のホームで電車を待っていたら、不意に、
「小沢昭一の小沢昭一的ロココ」
というフレーズが頭の中に浮かんできた。
うーむ、このネタ使えるぞ(って、一体どこに使うんだよ)。
うちに帰ってから、念のため、先に考えついている人がいないか検索してみると、なーんだ、2ちゃんねるの何かのスレッドらしいページがヒットするぞ。
残念。まあいいか。


今年も大銀座落語祭の企画で、小沢さんが出演する会があるという。
去年は、この落語祭に小沢さんが出演されるということを、うっかり見落としてしまっていたのだ。
今回のチケットの一般発売は27日からだが、月曜日から先行発売があるというので、昼休みに職場を抜け出して、近所のサンクスで聞いてみることにした。
すると、その時点で既に残席僅少。なんとか買えたチケットは、2階の後ろのほうの席。こんな調子じゃ、一般発売に回る分なんてあるんだろうか。
ともあれ、約1年ぶりに、生の小沢さんを見ることができそうで嬉しい。
去年、末廣亭に小沢さんが出演されたときの大入りぶりにも驚いたけど、要するに、小沢さんを見たいという人がそれだけたくさんいるということだよね。
やっぱりみんな、今見ておかないと、その次はないかもしれないぞ、と思っているんでしょうかね。って、失礼。
でもね、いつか、自分がもっとジジイになったとき、演芸好きの若いヤツに、「小沢昭一に間に合った!」って自慢してやるんだ。団菊ジジイならぬ、昭一ジジイ。
そんな未来が来ればいいんだけど。
まあ、今日の話はこれくらいにして。
また明日のロココだー!
間違えた。こころだー!

コメントをどうぞ(Facebookユーザーの方)

comments

Powered by Facebook Comments