小沢昭一的こころ大全集が欲しかったんだよ

どうしてか どうしても欲しかったんだ
小沢昭一的こころ大全集が届いたよ~
(「ハーモニカブルース」の節で)


結構な値段だったが、エイヤッと注文してしまった。
まあ、ムムムに行くのを一回我慢したと思えばいいでしょう。
これまで買い物の度に、この口実をどれだけ使ってきたことか。
さてはお前、そんなにしょっちゅうムムムに行ってたのかと言われそうですが・・・。
ともあれ、注文ボタンをクリックしてしまえば、あとは届くのを今かと待つばかり。
週末は気になって配送状況を何度もチェックしたりして。
金曜日が発売日なのに、日曜に発送だなんて、遅いですよamazonさん!
ところが、いざブツが届いたら届いたで、なんとなくそれだけで満足してしまって、なかなか封を切らないのも人情(?)なんですね。
といって、いつまでもこのまま置いとくわけにはいきませんから、意を決してダンボール箱を開けた。
10枚組ともなると、CDを一枚一枚包装を開けて、iTunesに落とすだけでも大変だ。
それに、トラック名がオンラインのデータベースに登録されていないようで、いちいち手で入力(実際はコピー&ペースト)しなきゃいけないし。
でも、小沢さんの声を聞きながらの夜なべ仕事は、結構楽しい。
収録されている放送番組は、これからゆっくり聞いていくとして、感心したのは付属のブックレット。
何人か著名人がコメントを寄せている中で、立川談志さんの、小沢さんは常に「小沢昭一という役者を演じているように思える」という指摘は、小沢さんの一面を言い当てているようで唸った。ていうか、これがお前の正体だろ!と底が割れたら、芸人・役者としておしまいでしょうからね。
それからノーテンキプロデューサーこと、坂本正勝プロデューサーの文章と写真(10年前のだけど)が掲載されていたのも嬉しい。いや、ノーテンキプロデューサーと坂本プロデューサーは、本当に同一人物? 実際には、重なったり重ならなかったりするんだろうけど、それもまた虚実皮膜ということで。ところで、坂本プロデューサーは一体おいくつなんですか?
何より、放送開始からの全放送リストは圧巻。淡々と各週のテーマと主なトピックを列記してあるだけなのだが、35年間という時間を目に見えるようにすると、こうなるのかと思う。
* * *
小沢昭一の小沢昭一的こころ大全集

小沢昭一の小沢昭一的こころ大全集

小沢昭一

コメントをどうぞ(Facebookユーザーの方)

comments

Powered by Facebook Comments