飛行機雲

いい天気。空き缶と段ボールを出して、洗濯二回。朝も昼も有り合わせで済ます。

午後から外出。特に予定もないのでサウナに行く。どこに行くか迷って、結局錦糸町に。せっかくなので歩いていくことにする。天気がよくて厚手のパーカーでは暑いくらい。高木神社の前を通りがかったら、境内の木を剪定していた。

子供もコロナウイルスの絵を描くご時世。

北十間川の向こうに見える雲は夏の雲みたいだ。

四ツ目通り沿いに邦楽器の店があった。店先に太鼓が積み重ねられている。

錦糸町は結構人が出ている。錦糸公園で屋台が出るイベントをやっていたせいか。

楽天地の通り抜けの通路で古本市をやっていた。この場所で定期的に開催しているようだ。カレー作りの参考になるかなと思ってスパイスの本を買った。最近は全然作っていないけど。

楽天地スパに。日中の休憩室は競馬中継を見ている客が多い。私は見るでもなく見ているうちに昼寝。競馬中継のアナウンサーが言うには、コントレイルというのは飛行機雲の意味なのだとか。なるほど、condensation trailを略してcontrail、直訳すれば結露の軌跡か。

競馬が終わると休憩室は空いてくる。あまりサウナや風呂にも入らず、ひたすらだらだらと過ごす。季節の変わり目のせいか、疲れが少し出ているようだ。7,575歩。

遺跡

朝は早く起きられず散歩はパス。せめてゴミ出しがてら近くのコンビニに出かける。

花屋の店先からはみ出した二鉢。この店でこんな観葉植物を買う人がいるんだ。南洋ふうの葉を見ると何でもソテツと思ってしまうが、調べるとアレカヤシという種類の植物のようだ。

コンビニでサンドイッチと日経、漫画ゴラクを購入。そしてホットコーヒー。グアテマラのラージサイズを注文したら、レジのおばちゃんにレギュラーサイズを勧められた。どうやらスマホのアプリにレギュラーの無料クーポンが出ているらしい。良心的というべきか。

この後は雨の巣ごもり日。

所用も終えて、雨が上がったようなので、夜の散歩に。

いつものコース。隅田川沿いを歩いて、白髭橋を渡って汐入公園に。水神大橋のあたりで引き返す。

公園の広場にテント状のブルーシートが点在している。まるで竪穴式住居の遺跡みたい。

散歩道の商店街なのだが、こんな大仏?があるのは気がつかなかった。

いつもの銭湯に入って、外に出るともういい時間。前に寄ったバーはやっているかなと覗くと、マスターが店じまいしていた。今は11時までなのだそうだ。15,985歩。

体育館の中

コンビニでサンドイッチとコーヒーを買った。この赤いカップのは初めて。

昼飯の後、河岸を変えてコーヒー。今日三杯目。日経にフコク生命の社長のインタビューが出ていたが、なかなかの人物だと思った。

夜は錦糸町で所用。バスに乗ったが少々遅刻。割とテンション上がる。

昨日中継を見たバスケットボールの試合はこの体育館の中でやってたわけだ。期日前投票以外で中に入ったことがない。できたのはつい最近と思っていたら、もう10年経つのだとか。

そういえば、建て替わる前の体育館の中には一度入ったことがある。すみだまつりの落語会で、確か入船亭扇橋さんと林家時蔵さんが出ていた。くじ引きか何かで当たった色紙が部屋のどこかにあるはず。

地下鉄の駅に向かったが、気が変わって歩いて帰ることにした。

初めての道をうねうねと歩いて帰った。7,734歩。錦糸町から歩いたくらいでは案外捗らないね。

無観客

それほど早くはないけど、朝の散歩に。

散歩道で見かける木の実。歩く度に色づいてきて、ついに真っ赤になった。なんていう名前なんだろうと気になって、思い切って調べてスッキリした。トキワサンザシ、またはピラカンサ。和物かと思っていたら、明治期に渡来したものらしい。

弘福寺に。小沢昭一さんのお墓に参る。今年も変哲忌が近い。

猫の姿につられて路地に入ったらもう一匹いた。

言問橋を渡って浅草側へ。

この赤い実はハナミズキの実。これも調べて知った。こんな実がなるんだ。

銀杏も色づいてきた。とはいえ、木によってずいぶん色づき具合が違う。この並びではこの木は早いほう。周りの銀杏の葉はまだ青い。

明るい時間にこのあたりを歩くことは滅多にないから、この体育館がオリンピック関係で使われる予定だったことを知らずにいた。

ちなみにオリンピックについては、私は消極的反対派といおうか、みんながやりたいと言うんならやればいいんじゃないの、私は興味ないけど、という感じだった。が、ここに来て世間の空気が変わってきたように思う。むしろ、みんなのほうが消極的反対になってきたのではないか。そうなると私は天邪鬼ですから、オリンピックは開催すべきだと考えるようになった。ただし、無観客で、そして海外からの選手も入れないほうがいい。つまり、観客席に誰もいないスタジアムで、日本の選手だけが出場している競技が全世界に中継されることになる。そうなれば、日本のスポーツを海外に発信できるし、メダルも日本選手で独占できるので、一挙両得である。

あるいは、先日のストリートピアノで使ったOriHimeをオリンピックで使うのもいい。新国立競技場の全観客席にOriHimeを座らせて、世界中からインターネットで接続する。これこそアフター・コロナのオリンピックという感じがする。いっそ選手もOriHimeでもいい。

散歩から戻った後は巣ごもり。朝のコーヒーの後は、思い立って、先日取り寄せた椿茶というのを飲んでみた。椿の葉のお茶というのは初めてだが、そもそも茶の木というのは椿の仲間らしいから、さほど突飛なことではないのかも知れない。もっとも、この製品は、椿の葉に甘茶がブレンドされているので、飲んでいるとその甘みのほうが前に出てくるようでもある。

夜は行きがかり上、バスケットボールの試合をネット配信の中継で見ることになった。Bリーグというやつ。錦糸町の体育館で行われている試合らしい。なお、こちらは無観客ではない。

私はバスケットボールの試合はこれまでまともに見たことがない。しかし普段見ないものだから、それなりに感じ入るところはある。例えば、試合中ファウルが頻発するだけでなく、戦術としてわざとファウルをするように見受けられたことや、タイムアウトを使って試合の進行を止めて、流れをいわば強引に変えてしまうのは新鮮だった。ま、好きこのんで試合を見に行こうとまでは思わないけれど。

7,482歩。

動線

いい天気。ゴミ出し。朝はコンビニのサンドイッチ等。昼はラーメン。

諸々終わって、帰宅途中、駅前の喫茶店で寄り道。ホットツナサンドを頼んだら売り切れとのことで、ホットミートというのに変更。ナポリタンスパゲッティの具がパンにはさまれているようなもの。

一旦帰宅してから夜の散歩に。

久し振りにS湯に来た。改装中だったのでしばらくご無沙汰していたが、とっくに改装は終わっていたようだ。もう30、40分程でしまい湯という時間。ずいぶんお客が入っている。

今回の改装では水風呂の場所が変わった。露天風呂のある屋外の場所に3人位が入れる大きさの水風呂ができて、従来水風呂があった場所は超高濃度炭酸泉というのになった。結果、サウナ室からの動線がスムーズになった。サウナ室を出てシャワーで汗を流して、水風呂に入って縁台で休憩するというサウナサイクルの各工程が、一直線上に並んでいる。この動線は重要で、サウナ施設でさえ、シャワーやかけ湯の場所がサウナ室や水風呂から離れていることがしばしばあるくらいなのに、よく考えられた改装だと思った。ただし、水風呂ができたために屋外の縁台が一列減ったのは残念。

もっとも、私は銭湯ではサウナに入らないので関係ないって言えば関係ないんだけど。

公園で横になっている人を何人か見た。14,005歩。

ホール

起き抜けに熱いシャワーを浴びるのが気持ちいい季節になった。

朝からますのすし(源)をホールで食べてしまった。昨夜近所のスーパーで値引き販売していたのを衝動買いしてしまったものだが、半分位にしておこうと思っていたのに、食べ始めると止められなかった。

ます寿司にもいろいろあって、富山市の連中などは詳しいが、私には駅で売っている源のますのすしでも十分旨い。むろん、黒部に行く機会があれば植万のます寿司を買うけども。

天気予報では雨になると言っていたので、長い傘を持って出たが、曇り空ではあるけれど、すぐに降り出しそうな様子でもない。折り畳みにすればよかったかと思ったら、ちょうど近くのアパートから出てきた女の人が長傘を持っていたので安心した。

朝から凝縮されたものを食べたので、昼はそばで軽く済ませる。

夜になって外に出ると予報通り雨。冷える。サウナに行きたいが、今日は控える。あと一時間早かったら行っていたかも知れない。

家に帰って適当に飯を食べたら面倒くさくなって寝てしまった。雨は上がったようなので散歩がてら銭湯にでも行ってもよかったが、省略。7,342歩。

もう二十年も若けりゃ

雨の土曜日。空き缶を出して、荷物を受け取り、フライパンでブロッコリーとかぼちゃを焼いて食べた。その後うとうと。午後から外出。

雨水市民の会の事務所のラックに置かせてもらっていたストリートピアノのチラシを回収。森脇さんの軒下作品が撤収されている。拙宅も片付けなければ…。

国立劇場10月歌舞伎公演に。歌舞伎座では先月から公演が再開されていたが、国立劇場は今月の公演がコロナ後初となる。今日は第二部の『新皿屋舗月雨暈―魚屋宗五郎―』と『太刀盗人』を見る。

魚屋宗五郎を演じるのは尾上菊五郎丈。正直、こんなに若々しく躍動する菊五郎丈の姿を見られるとは予期していなかった。

国立劇場で菊五郎丈というと毎年正月恒例の菊五郎劇団の芝居だが、少なくとも私が見るようになってからの正月公演では、菊五郎丈は舞台を締める重鎮として存在感を示してはいたけれど、自身が中心となって生き生きと動きまわるという感じではなかった。失礼ながら、年齢を考えれば、それも仕方ないのかなと思っていた。菊五郎丈は今月で78歳になられたという。

しかし今回の芝居で、まさに主人公の宗五郎役を、いかにも江戸っ子の魚屋らしい胸のすく口跡で演じ、桶を手にした立ち回りもこなして、見ていて年齢を感じさせるところがなかった。78歳での芝居がこうなら、劇中の宗五郎の父親、太兵衛の台詞ではないが、菊五郎丈が今より「もう二十年も若けりゃ」、一体どんな芝居を見られたのだろうと思われた。

魚屋宗五郎は、国立劇場では平成28年、というから2016年6月の歌舞伎鑑賞教室で、当時の中村橋之助さん、現芝翫さんが演じるのを見たことがある。4年前の芝翫さんだから、さすがに劇中の宗五郎と同年齢とはいかなくても、実年齢と重ねて見ても違和感はなかったが、必ずしも役の年齢と近ければいいというわけではないのが、歌舞伎のマジックである。実際、今回の芝居でも、太兵衛を演じていた市川團蔵さんは菊五郎丈より9歳も若い。どこか陰を感じさせる芝翫さん(もちろんそれが魅力である)とは違う、まるでテレビの時代劇のように(こういう言い方も変だとは思うが)痛快に演じる菊五郎丈の宗五郎を、これがこの芝居の形なんだと得心しながら見ていた。

『太刀盗人』は松羽目物の演目。尾上松緑さんの演じるすっぱ(すり)の九郎兵衛の憎たらしさったらない。地方人の私としては、坂東亀蔵さんの演じる遠国から京に出てきた田舎者万兵衛のほうにどうしても感情移入してしまう。二人で連舞(つれまい)をすることになり、万兵衛の動きを真似しながらワンテンポずれて舞う九郎兵衛の動きの可笑しさ。最後、あの太刀はどうなるんだろう。もう万兵衛の許に戻ることはないのか?そんなことを思うと、気持ちがもやもや。

夜は楽天地スパへ。サウナや風呂はほどほどに、ぼんやり音楽など聴いて過ごす。5,350歩。

個人差

寝坊気味。ゴミ出しついでに、ゆっくり散歩している時間はないが、とりあえず近くのコンビニに。ホットコーヒーと朝飯と日経と漫画ゴラクを購入。

ヒガンバナの時期は終わったようでいて、まだ鮮やかな赤い色を残している花もある。人間に個人差があるように、同じ種類の花でも枯れるのが早いのと遅いのがあるようだ。

外に出てみると雲間に少し青空が見えるし、土日は雨らしいから、帰宅して思い切って洗濯。

この後は巣ごもりの日。机に向かっていると足先が冷える。そろそろ暖房が欲しい季節になった。 コロナ鬱という言葉があるらしいけど、寒々とした部屋の中に一日籠っていれば、そんな気分になるのも分かる気がする。

冷えた足を温めようと、久し振りに駅前の銭湯に。

その後北千住で諸事情から、今夜二軒目の銭湯に。しまい湯近くまで入って、電車で帰宅。8,161歩。

キムチチャーハン

塀越しに見えるのは芙蓉の花だと思うけど、ずいぶん長いこと花をつけるんだなあと思う。真夏の頃から咲き出して、まだ花をつけている。あっという間に花の時期が終わる植物もあるのに。

暗くなって外に出ると、結構冷える。今年も寒さを感じる季節になってきた。どこかで冷えた身体を温めたい。

というわけでサウナに。ニューウイングに四時間コースで入館。

久し振りに来たら、浴室に小休憩用の椅子が追加されていて好都合である。新しい設備やサービスを入れるのもいいが、案外こういうシンプルな改善が有難い。

「本日の日替り キムチチャーハン」の文字につられて頼んだら、正直私の思っていたキムチチャーハンとは様子が違った。

今の近所だと、味の横綱でキムチチャーハンは時々食べる。そして記憶を辿れば、学生時代に新宿東口の今のビックロの裏あたりにあったカウンター席ばかりの中華屋で、初めてキムチチャーハンを食べたと思う。確か田舎の高校時代の仲間に連れて来られたのではなかったか。それから一人でもキムチチャーハンを食べに行くようになったけど、いつの間にか店が無くなってしまった。その仲間も今はどうしているのかな。

浴室には、それなりに若い客も入っているが、おしなべて大人しくしていて好ましい。ひたすら頭を空っぽにしてお湯の流れる音を聞いた。

ニューウイングから出ると小雨が降っていたが、傘が要るほどではない。丸井の裏を冷やかしながら駅に向かった。6,366歩。

花の盛り

巣ごもりの日。早起きはできなかったけど、近くのコンビニまで朝飯を買いに出たついでに、少しだけ近所を散歩。 初めて通る細い道をいくつも抜けた。

キンモクセイの花の盛りが終わっていた。独特の濃厚な香りが街に漂っていたのは、つい最近だったように思うのに。そういえば先週末に台風が東京に近づいた後、キンモクセイの小さな花が地面に吹き溜まっているのを見た。

所用の後、少し出遅れたけど、夜の散歩に。白鬚橋で隅田川を渡って汐入公園を歩き、水神大橋で引き返す、いつものコース。

一日狭い部屋にこもっていると、それだけでも気が滅入りそうになる。川沿いの大きく開けた風景の中を歩くのは気持ちがいい。もやもやした気分が晴れるようだ。

隅田川の台東区側を歩いて、山谷堀公園から千束通りに。 いつもの銭湯に寄った。

通り道沿いの猫カフェ(だろうと思うが、入ったことがないから分からない)の窓ガラスに背中を付けて猫が寝ていた。16,465歩。